前のページに戻るTOP ホーム > 新着情報 > ロレックス コスモグラフ デイトナ【バーゼルワールド2016新作腕時計】
ロレックス コスモグラフ デイトナ【バーゼルワールド2016新作腕時計】

 

「2016年のバーゼルワールドでは、スティール製のデイトナがリニューアルされる、どうやらケースサイズが少し大きくなるらしい。」

デイトナが初めてリリースされて50周年を迎えた2013年辺りから、バーゼルワールドが近づくたび、毎年のように新型のスティール製デイトナの噂が、時として精密な合成写真とともに、まことしやかに流れてきました。

そして今年もまた、様々な臆測が飛び交う中、ロレックス スーパーコピーのウェブサイトに、そしてバーゼルワールドに、熱い視線が集まりました。

そして今日、その幕が上がりました。

そこにあったのは、紛れもない新型のスティール製のデイトナでした。

ロレックス:コスモグラフ デイトナ セラクロムベゼル

その姿は一見、プラチナモデルのモノクロ写真のようにも見えましたが、今日、ロレックスのウェブサイトのトップに現れたのは、セラクロムベゼルを備え、インダイヤルのインデックス・トラックが黒く塗られた、今まで見たことのなかったスティール製のデイトナだったのです。

この新しいデイトナを目の当たりにして、黒いセラミックベゼルが付いて、インダイヤルのトーンが変化しただけ、と落胆した人もいるかも知れません。

しかしデイトナのスティールモデルは、文字盤の表記が一行違うだけで熱狂するファンが世界中に存在する、個人的好き嫌いなど超越してしまった腕時計の王様と呼ぶにふさわしい存在であり、ロレックス自身もあらゆるマイナーチェンジには細心の注意を払っているように見えます。

ロレックス デイトナ コピーコスモグラフ リューズ

そんなデイトナが、誰が見ても一見して変化したことが分かるように変わったのです。

この黒いベゼルを備えた新しいデイトナは、供給が安定し始めるまでのしばらくの間、また大変なプレミアを生んでしまう可能性が高いと考えられます。

ロレックスがこれに何らかの対策を用意しているのか、していないのか。

今後のロレックスの売買相場にどのような影響を与えるのか。

この新しいデイトナから、しばらく目が離せそうに有りません。

ロレックス:コスモグラフ デイトナ(Rolex Cosmograph Daytona)仕様

Ref. 116500LN

ホワイト ダイアル

ブラック ダイアル

904Lステンレススティールケース
ケース径:40mm
100m防水
インハウスムーブメント キャリバー4130 搭載
自動巻
28,800振動/時
パワーリザーブ:72時間
オイスターロッククラスプ付きブレスレット
予価:118万円(税別)

ロレックススーパーコピーhttp://www.yamada090.com/tokei/rolex/